コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍澂 にんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忍澂 にんちょう

1645-1711 江戸時代前期-中期の僧。
正保(しょうほ)2年1月8日生まれ。浄土宗。江戸増上寺の直伝(じきでん)について出家し,万無(まんむ),林冏(りんげい)にまなぶ。延宝9年京都鹿ケ谷(ししがたに)に法然院を建立して念仏道場とし,また「大蔵経(だいぞうきょう)」の校訂につとめた。正徳(しょうとく)元年11月10日死去。67歳。江戸出身。俗姓は二見。号は白蓮社宣誉信阿,葵翁,金毛老人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

忍澂 (にんちょう)

生年月日:1645年1月8日
江戸時代前期;中期の浄土宗学僧
1711年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

忍澂の関連キーワード卍字蔵経生年月日中期懐音正保寅載

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忍澂の関連情報