法然院(読み)ほうねんいん

  • ほうねんいん ホフネンヰン
  • ほうねんいん〔ホフネンヰン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京都市左京区鹿ヶ谷にある。単立宗教法人浄土宗祖,法然上人旧跡は善気山万無寺。法然上人の弟子である住蓮安楽六時礼賛を修した地で,のちに小堂を建ててその遺跡を伝えていたが,延宝8 (1680) 年知恩院万無上人が,弟子の忍澂再興をはかり堂を建立した。庭内に善気水と呼ばれる湧水がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

京都市左京区鹿(しし)ヶ谷にある浄土宗系単立寺院。山号は善気山,寺号は万無教(まんむきよう)寺。もと浄土宗捨世派の本山。鹿ヶ谷の地は浄土宗祖法然が弟子の安楽,住蓮とともに《六時礼讃》を唱え専修(せんじゆ)念仏修行をした旧跡であるが,その後久しく荒廃,1680年(延宝8)に知恩院第38世万無が弟子の忍徴に命じて復興したのが,現在の法然院である。持戒持律の学僧であった忍徴は,17条の厳しい寺規を定めて当院を浄土宗のなかでも特色ある律院として基礎づけ,以来専修念仏の修行道場としての性格を保持し続けてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

京都市左京区鹿ヶ谷にある単立宗教法人の寺。もと浄土宗。山号、善気山。法然が弟子とともに六時礼讃を修した旧跡。1680年知恩院三八世の心阿万無が中興。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京都市左京区鹿ヶ谷(ししがたに)御所ノ段(ごしょのだん)町にある単立寺院(もと浄土宗捨世(しゃせ)派本山)。善気山万無(ぜんきざんまんむ)寺と号するが、現在、本山獅子谷(ししがたに)法然院と称する。本尊は阿弥陀如来(あみだにょらい)。1206年(建永1)ごろ、法然(源空)は弟子の住蓮(じゅうれん)、安楽(あんらく)とともに六時礼讃(らいさん)を修した。ところがこの法会(ほうえ)に加わっていた宮中の女官鈴虫(すずむし)・松虫などが道心を発して出家したため、後鳥羽(ごとば)上皇の怒りに触れ、法然は四国へ流され、弟子2人は死刑に処せられたという。その念仏修行の旧跡を法然院といった。その後長く廃絶していたが、1680年(延宝8)知恩(ちおん)院第38世万無は徳川家綱(いえつな)にその再興を請い、弟子忍澂(にんちょう)とともに、翌年、現在の地に堂宇を建てた。第2世を継いだ忍澂は不断念仏(ふだんねんぶつ)を始め、現在に及んでいる。1703年(元禄16)徳川綱吉(つなよし)の母桂昌院(けいしょういん)などの援助により官寺となる。法然上人(しょうにん)二五霊場の第19番札所。方丈は後西(ごさい)天皇皇女誠子内親王の御座所の遺構で、襖絵(ふすまえ)(「桐(きり)に竹図」「若松図」など)が国重要文化財に指定されている。境内墓地には谷崎潤一郎、河上肇(はじめ)など著名人の墓が多い。[清水 乞]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町にある単立寺院。もと浄土宗捨世派の本山。本山獅子谷法然院。山号は善気山。法然が六時礼讚を修した旧跡。万無寺。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の法然院の言及

【白蓮社】より

…寺のかたわらの池に白い蓮を植えたので〈白蓮社〉とよばれたというこの結社は,後世に深い影響を与え,宋代以後,各地に〈集蓮社〉と称する念仏結社が組織された。朝鮮や日本にもこの結社の風が伝えられ,京都鹿ヶ谷の法然院はその一つである。浄土教【礪波 護】。…

※「法然院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法然院の関連情報