コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ココロザシ

5件 の用語解説(志の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こころ‐ざし【志】


㋐ある方向を目ざす気持ち。心に思い決めた目的や目標。「を遂げる」「事、と異なる」「を同じくする」「青雲のを抱く」
㋑心の持ち方。信念。志操。「を高く保つ」
相手のためを思う気持ち。厚意。「を無にする」「おはありがたいが、辞退します」

㋐謝意や好意などを表すために贈る金品。「ほんのですが、御笑納ください」
㋑香典返しや法事の引き出物、僧への布施の包みの表に書く語。→寸志
心を集中すること。注意。
「―はいたしけれど、…上の衣(きぬ)の肩を張り破りてけり」〈伊勢・四一〉
相手を慕う気持ち。愛情。
「一夜のほど、朝(あした)の間も恋しくおぼつかなく、いとどしき御―のまさるを」〈・若菜上〉
死者の追善供養。
「未来の因果を悲しみて、多くの―を尽くして」〈曽我・二〉

し【志】

紀伝体の歴史書で、天文・地理・礼楽などを事項別に分類して記した部分。
律令制で、衛門府(えもんふ)兵衛府(ひょうえふ)検非違使庁(けびいしちょう)主典(さかん)

し【志】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]こころざす こころざし しるす さかん
学習漢字]5年
心がある目標をめざして動く。こころざす。「志学志願志向志望
こころざし。「意志弱志初志寸志大志闘志同志篤志微志有志立志
書き記す。書き記したもの。「三国志
志摩(しま)国。「志州
[名のり]さね・むね・ゆき

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こころざし【志】

心に決めて目指していること。また、何になろう、何をしようと心に決めること。 「 -を立てる」 「 -を曲げる」 「事-と違たがう」 「 -を同じくする」
相手を思いやる気持ち。人に対する厚意。
好意・謝意などの気持ちを表す贈り物。また、故人を悼んで供える物やお布施などの上書きの語。
追善供養。 「母人の十三年にあたり、千日寺へ石塔を立て-仕り候/浮世草子・一代男 7」 〔から、相手の厚意に感謝したり、相手からの贈り物を断ったりする場合にも用いられる。「お-ありがとうございます」「お-だけはありがたくいただきます」〕

し【志】

紀伝体の史書で、天文・地理・礼楽などを記述した部分。
律令制で、衛府の主典さかん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志の関連キーワード志向建す思い込む怨念針路恨み思い入る思い置く

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

志の関連情報