コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ココロザシ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐ざし【志】


㋐ある方向を目ざす気持ち。心に思い決めた目的や目標。「を遂げる」「事、と異なる」「を同じくする」「青雲のを抱く」
㋑心の持ち方。信念。志操。「を高く保つ」
相手のためを思う気持ち。厚意。「を無にする」「おはありがたいが、辞退します」

㋐謝意や好意などを表すために贈る金品。「ほんのですが、御笑納ください」
㋑香典返しや法事の引き出物、僧への布施の包みの表に書く語。→寸志
心を集中すること。注意。
「―はいたしけれど、…上の衣(きぬ)の肩を張り破りてけり」〈伊勢・四一〉
相手を慕う気持ち。愛情。
「一夜のほど、朝(あした)の間も恋しくおぼつかなく、いとどしき御―のまさるを」〈・若菜上〉
死者の追善供養。
「未来の因果を悲しみて、多くの―を尽くして」〈曽我・二〉

し【志】

紀伝体の歴史書で、天文地理礼楽などを事項別に分類して記した部分。
律令制で、衛門府(えもんふ)兵衛府(ひょうえふ)検非違使庁(けびいしちょう)主典(さかん)

し【志】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]こころざす こころざし しるす さかん
学習漢字]5年
心がある目標をめざして動く。こころざす。「志学志願志向志望
こころざし。「意志弱志初志寸志大志闘志同志篤志微志有志立志
書き記す。書き記したもの。「三国志
志摩(しま)国。「志州
[名のり]さね・むね・ゆき

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こころざし【志】

心に決めて目指していること。また、何になろう、何をしようと心に決めること。 「 -を立てる」 「 -を曲げる」 「事-と違たがう」 「 -を同じくする」
相手を思いやる気持ち。人に対する厚意。
好意・謝意などの気持ちを表す贈り物。また、故人を悼んで供える物やお布施などの上書きの語。
追善供養。 「母人の十三年にあたり、千日寺へ石塔を立て-仕り候/浮世草子・一代男 7」 〔から、相手の厚意に感謝したり、相手からの贈り物を断ったりする場合にも用いられる。「お-ありがとうございます」「お-だけはありがたくいただきます」〕

し【志】

紀伝体の史書で、天文・地理・礼楽などを記述した部分。
律令制で、衛府の主典さかん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

志の関連キーワード鳥志のとんこつラーメン旨み激辛ラーメン 朱ルー・チーチュワンリアオチョンチーシァツィーチン後志総合振興局久留米が一番検非違使庁志戸坂峠越雪中庵雀志燕志(2)深井志道軒百折不撓言志四録鴻鵠の志香典返し杉庵志道明一統志百薬の長清一統志

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

志の関連情報