志村 立美(読み)シムラ タツミ

20世紀日本人名事典の解説

志村 立美
シムラ タツミ

昭和期の日本画家,挿画家



生年
明治40(1907)年2月17日

没年
昭和55(1980)年5月4日

出生地
群馬県高崎市

本名
志村 仙太郎

学歴〔年〕
神奈川県立高等工業学校図案科中退

経歴
山川秀峰らに師事、美人画を研究。大正14年より雑誌、新聞などで活躍。昭和8年林不忘「丹下左膳」の新聞連載の挿絵で人気を得た。武田麟太郎「風速五十米」、海音寺潮五郎「暴風」、浜本浩「坂本龍馬」、丹羽文雄「家庭の秘密」「闘魚」、舟橋聖一「男」などの新聞小説の挿絵を多く書き、子母沢寛「菊五郎格子」などの装幀もした。画集「美人百態」がある。日本画院同人。出版美術家連盟会長、日本出版美術連盟理事長を務めた。晩年は豊艶な美人画で新境地を拓き、挿絵の美人画では岩田専太郎と並び称された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる