コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志茂田景樹 シモダカゲキ

3件 の用語解説(志茂田景樹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しもだ‐かげき【志茂田景樹】

[1940~ ]小説家。静岡の生まれ。本名、下田忠男。推理小説を始めとして、ユーモア小説・歴史ものなど幅広い作品で人気を集める。「黄色い牙(きば)」で直木賞受賞。他に「やっとこ探偵」「汽笛一声」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志茂田景樹 しもだ-かげき

1940- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和15年3月25日生まれ。保険調査員,週刊誌記者などをへて作家生活にはいる。昭和55年「黄色い牙」で直木賞,59年「汽笛一声」で日本文芸大賞。伝奇小説からユーモア小説,歴史小説まで多彩な領域の作品を発表。奇抜なファッションでも知られる。平成8年出版社KIBA BOOKを創設。絵本作家として読み聞かせ活動でも活躍。静岡県出身。中央大卒。本名は下田忠男。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

志茂田 景樹


芸名
志茂田 景樹

性別
男性

生年月日
1940/03/25

星座
おひつじ座

干支
辰年

血液型
A

出身地
静岡県

身長
178cm

体重
61kg

職種
文化人

プロフィール
静岡県出身。小説『黄色い牙』で直木賞を受賞後、作家活動のほかにも、タレント活動、ファッションモデル、教育講演などで活躍。近年は家庭における童話 絵本の読み聞かせの必要性を痛感し「よい子に読み聞かせ隊」を結成、自ら絵本・児童書を執筆し、ボランティアメンバーとともに全国で活動を行っている。好きなことは絵本の読み聞かせ、ウォーキング、料理(和食系)。

代表作品
著書『黄色い牙』(1980) / 著書『やっとこ探偵』(1976)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志茂田景樹の関連キーワード罅隙黄色い牙小茂田港山形県最上郡最上町志茂茨城県筑西市茂田兵庫県丹波市山南町子茂田長崎県対馬市厳原町小茂田志茂下田吉蔭林良本

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

志茂田景樹の関連情報