コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志谷奥遺跡 しだにおくいせき

1件 の用語解説(志谷奥遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しだにおくいせき【志谷奥遺跡】

島根県八束郡鹿島町佐陀本郷に所在する弥生時代青銅器出土地。1972年狭隘な谷間の東斜面から銅鐸口と銅剣本が一括発見された。75年鹿島町教育委員会の調査で,斜面を簡単に掘りくぼめた径45cm×55cm,深さ30cmの不整形な埋納坑が検出され,この中に銅鐸2口を逆さまに斜めにねかせ,その上に切先を下方に向け銅剣6本を束ねた状態で納めていたことが判明した。出土の銅鐸は復元高32.2cmの外縁付鈕I式四区袈裟襷(けさだすき)文鐸と,同じく22.3cmの扁平鈕式四区袈裟襷文鐸である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

志谷奥遺跡の関連キーワード熊野大社島根県八束佐太神社松江鹿嶋佐陀川八束穂エステック三菱農機

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone