志谷奥遺跡(読み)しだにおくいせき

世界大百科事典 第2版の解説

しだにおくいせき【志谷奥遺跡】

島根県八束郡鹿島町佐陀本郷に所在する弥生時代の青銅器出土地。1972年狭隘な谷間の東斜面から銅鐸口と銅剣本が一括発見された。75年鹿島町教育委員会の調査で,斜面を簡単に掘りくぼめた径45cm×55cm,深さ30cmの不整形な埋納坑が検出され,この中に銅鐸2口を逆さまに斜めにねかせ,その上に切先を下方に向け銅剣6本を束ねた状態で納めていたことが判明した。出土の銅鐸は復元高32.2cmの外縁付鈕I式四区袈裟襷(けさだすき)文鐸と,同じく22.3cmの扁平鈕式四区袈裟襷文鐸である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

志谷奥遺跡の関連情報