古浦遺跡(読み)こうらいせき

世界大百科事典 第2版の解説

こうらいせき【古浦遺跡】

島根県八束郡鹿島町古浦に所在する,弥生時代から古墳時代にかけての遺跡。1956‐64年に数次の発掘調査が行われた。遺跡は恵曇(えとも)湾に面した海岸砂丘上に位置し,4層よりなる。最下層の第4層では,弥生時代前期の集団墓地が見いだされ,約50体の埋葬人骨が発掘された。その多くは仰臥屈肢の姿勢をとる。遺骸の周囲に礫を配置した例,土器を副葬した例,埋葬後の地表に玉石を散布した例などもある。成人骨は普遍的に抜歯痕跡をとどめ,そのうち男性頭骨の3例は,額に青緑色の斑痕を遺している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の古浦遺跡の言及

【志谷奥遺跡】より

…銅鐸,銅剣は偶然の発見によるものが大半で出土状態など不明なものが多いが,本遺跡の場合,出土地,埋納状況もかなり詳しく知られ,また銅鐸,銅剣をこのように一括多量に埋納した例は全国でもきわめて少なく,貴重な価値をもつ。出土地東方の日本海を望む海岸砂丘上には,多数の弥生人骨を出土した古浦遺跡があり,両者のかかわりが注目される。【前島 己基】。…

※「古浦遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android