コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀山万作 しがやま まんさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀山万作 しがやま-まんさく

?-? 江戸時代前期の振付師。
初代中村伝次郎(1673-1729)の父。能の喜多流の小鼓方であったが,江戸中村座囃子方(はやしかた)にはいる。舞踊にたくみなことから中村家の「大小の舞」などをつたえられ,振り付けにあたる。和泉町(神田)に稽古所をひらき,志賀山流を名のった。舞踊志賀山流の祖。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

志賀山万作

生年:生没年不詳
元禄期の歌舞伎振付師。江戸の振付師の元祖とされる。日本舞踊江戸志賀山流の流祖。喜多流の能の小鼓方から歌舞伎の囃子方となり,振付師を兼ねた。中村座の座付きとなり,「小舞十六番」「大小の舞」など家の芸を預けられた。中村座の子弟に家の振りを伝授するために和泉町(神田)に稽古場を開き,一般にも稽古を付けた。志賀山流は息子の初代中村伝次郎に継承され,櫓付(座付き)の稽古所として天明年間(1781~89)まで続き,8代目万作(初代中村仲蔵)など名手を出した。以後は女師匠志賀山勢以などによって継承され,古風な江戸の振りを伝える独特の流派として今日に至る。

(古井戸秀夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

志賀山万作の関連キーワード中村仲蔵(江戸系・初代)中村伝次郎(2代)中村伝次郎(初代)中山小十郎(7代)中村仲蔵(初代)振付け

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android