コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡城 おかじょう

日本の城がわかる事典の解説

おかじょう【岡城】

大分県竹田市竹田にあった、鎌倉時代から江戸時代の山城(やまじろ)。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。城の北を稲葉川、南に白滝川を天然の濠として、その2本の川に挟まれた標高325mの台地上に築かれた。城の歴史は古く、1185年(文治1)、緒方惟栄(これよし)が源義経(よしつね)を迎えるために築いたのが始まりと伝えられる。戦国期には大友氏の支城となり、志賀親次(ちかつぐ)が守り、島津の大軍を撃退している。1593年(文禄2)、中川秀成(ひでなり)が7万石で入封し、幕末に至った。現在、城門の車敷や太鼓櫓(たいこやぐら)門、三の丸、二の丸、本丸三層櫓の石垣など、多くの遺構をとどめている。JR豊肥本線豊後竹田駅から緒方・三重方面行きバス5分で岡城入口下車、徒歩15分。◇臥牛城(がぎゅうじょう)、豊後竹田城(ぶんごたけたじょう)とも呼ばれる。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡城
おかじょう

鎌倉期から江戸期の城。大分県竹田市竹田岡にあり、豊後(ぶんご)竹田城とも臥牛(がぎゅう)城ともいわれる。城の歴史は古く1185年(文治1)緒方惟栄(おがたこれよし)が源義経(よしつね)を迎えるために築いたのが始まりと伝えられる。戦国期には大友氏の支城となり、志賀親次(ちかつぐ)が守り、島津の大軍を撃退している。1593年(文禄2)中川秀成(ひでなり)が7万石で入封し、幕末に至った。滝廉太郎(たきれんたろう)はこの城を愛して名曲『荒城の月』を生んだという。[小和田哲男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岡城の関連キーワード徳島県阿南市富岡町トノ町埼玉県本庄市児玉町八幡山福岡県福岡市中央区城内福井県坂井市丸岡町霞町宮城県柴田郡柴田町船岡宮崎県延岡市東本小路青森県青森市浪岡浪岡三重県鈴鹿市高岡町富山県高岡市古城岡藩主中川家墓所兵庫県伊丹市伊丹岩手県盛岡市内丸長野県佐久市田口長野県飯田市駄科豊後竹田城跡羽後松山城たか丸くん豊後竹田城竹田[市]到道博物館

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡城の関連情報