コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠成王 ただなりおう

2件 の用語解説(忠成王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忠成王 ただなりおう

1222-1281* 鎌倉時代,順徳上皇の皇子。
貞応(じょうおう)元年生まれ。承久(じょうきゅう)の乱で父順徳上皇が佐渡(新潟県)に流された翌年誕生。親王宣下をうけることなく,石倉(蔵)宮(いわくらのみや)または広御所宮とよばれた。弘安(こうあん)3年12月13日(一説に11日)死去。59歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

忠成王

没年:弘安3.12.13(1281.1.5)
生年:貞応1(1222)
順徳上皇の皇子。母は従三位藤原清季の娘。上皇が佐渡に流されたのちに生まれる。仁治3(1242)年幼帝の四条天皇が死ぬと,九条道家らによって皇嗣に押されたが,鎌倉幕府の反対によってその即位は実現しなかった。石倉(蔵)宮と称す。没日は11日との説もある。

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

忠成王の関連キーワード真野佐渡院阿仏房深恵尊忠忠子女王(2)千歳宮珍誉東御方(1)和気長成

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone