コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠成王 ただなりおう

2件 の用語解説(忠成王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忠成王 ただなりおう

1222-1281* 鎌倉時代,順徳上皇の皇子。
貞応(じょうおう)元年生まれ。承久(じょうきゅう)の乱で父順徳上皇が佐渡(新潟県)に流された翌年誕生。親王宣下をうけることなく,石倉(蔵)宮(いわくらのみや)または広御所宮とよばれた。弘安(こうあん)3年12月13日(一説に11日)死去。59歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

忠成王

没年:弘安3.12.13(1281.1.5)
生年:貞応1(1222)
順徳上皇の皇子。母は従三位藤原清季の娘。上皇が佐渡に流されたのちに生まれる。仁治3(1242)年幼帝の四条天皇が死ぬと,九条道家らによって皇嗣に押されたが,鎌倉幕府の反対によってその即位は実現しなかった。石倉(蔵)宮と称す。没日は11日との説もある。

(土谷恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

忠成王の関連キーワード貞応大友頼泰花山院師継忠成王波木井実長少弐資能ワレル元寇民主党代表選のしくみ詠歌大概

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone