コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

快傑黒頭巾

3件 の用語解説(快傑黒頭巾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

快傑黒頭巾

NHKのテレビドラマ「少年ドラマシリーズ」の作品のひとつ。放映は1976年11月~1976年12月。原作:高垣眸の同名小説。脚本:大藪郁子。出演:坂東八十助、杉田かおるほか。幕末の頃、江戸の町を舞台に活躍する黒頭巾の姿を描く。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

快傑黒頭巾 かいけつくろずきん

高垣眸(ひとみ)の同名の時代小説主人公
昭和10年「少年倶楽部(クラブ)」に連載される。謎(なぞ)の黒頭巾の武士で,江戸城中に捕らえられている父山鹿士行を救出しようとする三葉,珠三郎姉弟の危機をしばしばすくう。姉弟が目的をはたしたのち,この武士が姉弟のちかくにすむ易者であり,実の兄だったことがわかる。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

快傑黒頭巾
かいけつくろずきん

大衆児童文学の作家高垣眸(たかがきひとみ)の長編時代小説。1935年(昭和10)1月から12月、『少年倶楽部(くらぶ)』に連載。主人公は三葉(みは)・珠三郎(たまさぶろう)の姉弟で、江戸城中に捕らわれている軍学者の父山鹿士行(やまがしこう)を救出しようとする。この姉弟の危機を幾度も救ってくれる黒頭巾の武士があり、目的成就ののち、この謎(なぞ)の武士は近くに住む易者の天命堂で、実は姉弟の兄であると判明する。昭和10年代、大衆児童文学興隆期の秀作の一つで、以来、再三映画化、テレビ化された。[上笙一郎]
『『快傑黒頭巾』(『少年少女世界の名作50』所収・1973・小学館) ▽二上洋一著『少年小説の系譜』(1978・幻影城)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

快傑黒頭巾の関連キーワードNHKラジオドラマ小澤由実佐藤幹夫中島裕子神尾和希子民間放送佐伯桃子横山亜紀子野口香織

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

快傑黒頭巾の関連情報