コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

快道 かいどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

快道 かいどう

1751-1810 江戸時代中期-後期の僧。
宝暦元年生まれ。大和(奈良県)の真言宗長谷寺で真言,法相(ほっそう)をまなび,のち高野山にうつる。享和2年(1802)武蔵(むさし)浦和玉蔵院の住持となり,江戸伝通院でしばしば講読説法をおこなう。江戸第一の学僧と称された。文化7年2月22日死去。60歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。俗姓須藤。字(あざな)は林常。著作に「倶舎(くしゃ)論法義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

快道の関連キーワードボルテール宝暦怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)フランクリン(Benjamin Franklin)瀬川菊之丞瀬川菊之丞植村文楽軒クライスト一条兼香大島蓼太