コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思ひ止む オモイトドム

デジタル大辞泉の解説

おもい‐とど・む〔おもひ‐〕【思ひ止む】

[動マ下二]
思い切る。あきらめる。
「いみじからむ過ちを、さしあたりて見つけたりとも、えとがめ―・むべうもあらず」〈夜の寝覚・三〉
深く考える。
「物をいたう―・めたりし心に」〈・夕霧〉
心に残るようにする。心にとめる。
「つどへる方々の中に、かの折の心ざしばかり―・むる人なかりしを」〈・玉鬘〉

おもい‐や・む〔おもひ‐〕【思ひ止む】

[動マ四]思いとどまる。あきらめる。
「身の上になりては、え―・むまじきわざなりけり」〈狭衣・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おもいとどむ【思ひ止む】

( 動下二 )
忘れないように心にとどめる。 「心ぼそげなめる御有様を、人よりも心ぐるしうなむ-・めらるる/寝覚 4
心に思い定める。 「この人をとまりにとも-・め侍らず/源氏 帚木
執着する。 「世の中を-・めたる様にもおはせざりし一所を/源氏 宿木
断念する。 「かうまでうち出で給ひつれば、え-・め給はず/源氏 浮舟

おもいやむ【思ひ止む】

( 動四 )
思いとどまる。思い切る。 「この事-・ませ奉らむと/源氏 賢木

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

思ひ止むの関連キーワード源氏

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android