コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急激かつ偶然な外来の事故

2件 の用語解説(急激かつ偶然な外来の事故の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

急激かつ偶然な外来の事故

傷害保険において保険金の支払対象となる傷害は、急激かつ偶然な外来の事故によって被ったことが要件です。急激とは、原因となった事故から結果である傷害までに時間的間隔のないことであり、偶然とは、予知されないことをいい、事故の発生、結果の発生の両方またはいずれか一方が偶然であることが必要です。外来とは、傷害が被保険者の身体の外部からの作用によることをいいます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

急激かつ偶然な外来の事故の関連キーワード共通団体傷害保険後遺障害保険金通院保険金入院保険金積立保険料年金払交通傷害(長期)保険積立実年長期傷害保険普通傷害保険団体傷害保険手術保険金

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone