コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性フェロモン セイフェロモン

デジタル大辞泉の解説

せい‐フェロモン【性フェロモン】

動物で、異性をひきつけるために雌雄のどちらかが分泌するフェロモン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

性フェロモン【せいフェロモン】

誘引物質とも。動物の繁殖行動に関与するフェロモン。昆虫のほか,哺乳(ほにゅう)類で知られる。雌が分泌して同種の雄を引きつけるものと,逆に雄が分泌して雌を引きつけるものがある。
→関連項目誘引物質

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せいフェロモン【性フェロモン】

動物の雌雄いずれかの個体が分泌し、同種の異性を誘引するフェロモン。昆虫でよく知られる。 → フェロモン

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の性フェロモンの言及

【フェロモン】より

…したがって,フェロモンは同種の個体間に交わされている〈化学的な言葉〉とみなすことができる。 哺乳類を含めた多くの高等動物にフェロモンの存在が知られているが,フェロモンの研究はカイコの性フェロモンで始まり昆虫について最も多く研究されている。先の定義にあるように,フェロモンの機能は受けとった個体にある一定の行動を起こさせる場合と,発育過程に変化をもたらす場合の二つにわけられる。…

【誘引剤】より

…有害昆虫,動物などの好む化学物質を用いて誘引して集め,防除したり,またそれらの発生を予察したりする薬剤。多くの昆虫の雌は,尾部の腺組織から特有の化学物質を分泌し,これが雄の昆虫を誘引して生殖が行われるのが普通で,この誘引物質は性フェロモンと呼ばれている。鱗翅目昆虫(チョウ,ガの類)の性フェロモンの研究が盛んで,Butenandtらによるカイコガの性フェロモン,ボンビコールの単離および構造決定((E,Z)‐10,12‐ヘキサデカジエン‐1‐オール)は,この分野の先駆的研究成果である。…

※「性フェロモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

性フェロモンの関連キーワードボンビコールアリ(蟻)バイオ農薬リリーサー性誘引物質ミツバチ生物農薬シャクガホタルバッタにおい誘引剤カイコ嗅覚

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

性フェロモンの関連情報