コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性円法親王 しょうえんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

性円法親王 しょうえんほうしんのう

1292-1347 鎌倉-南北朝時代,後宇多天皇の皇子。
正応(しょうおう)5年生まれ。母は藤原忠子(談天門院)。南池院宮とよばれた。徳治(とくじ)2年出家して京都大覚寺にはいり,法皇となっていた父から正和(しょうわ)2年灌頂(かんじょう)をうけた。貞和(じょうわ)3=正平(しょうへい)2年3月7日死去。56歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

性円法親王の関連キーワード後宇多天皇寛尊法親王南北朝時代正応

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android