コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性勝法親王 しょうしょうほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

性勝法親王 しょうしょうほうしんのう

?-1354 鎌倉-南北朝時代,後宇多天皇の皇子。
母は藤原実俊の娘(一条局(いちじょうのつぼね))。出家して京都大覚寺門跡(もんぜき)となった。文和(ぶんな)3=正平(しょうへい)9年3月17日死去。俗名は良治。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

性勝法親王の関連キーワード北畠親房黄公望呉鎮へき地学校北畠親房黄公望呉鎮ジョットの鐘楼フライブルク大聖堂アラーク

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone