コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性憲 しょうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

性憲 しょうけん

1646-1719 江戸時代前期-中期の僧。
正保(しょうほ)3年生まれ。浄土宗。京都安養寺の瑞山(ずいざん)のもとで出家,太秦(うずまさ)桂宮院慧猛(えみょう)に師事して菩薩戒(ぼさつかい)をうける。深草真宗院を中興して37世となり,のち三河(愛知県)刈谷に崇福寺をひらいた。享保(きょうほう)4年11月21日死去。74歳。京都出身。俗姓は馬杉。字(あざな)は慈空。号は通西,蓮居。著作に「蓮門小清規」「臨終節要」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

性憲の関連キーワードロシア新憲法イギリス憲法硬性憲法ブライス最高法規軟性憲法憲法改正憲法正保

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android