性承入道親王(読み)しょうじょうにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

性承入道親王 しょうじょうにゅうどうしんのう

1637-1678 江戸時代前期,後水尾(ごみずのお)天皇の皇子。
寛永14年1月18日生まれ。正保(しょうほ)4年親王。覚深(かくじん)入道親王弟子となり真言宗仁和(にんな)寺で出家,同寺門跡(もんぜき)となる。明暦3年同寺菩提(ぼだい)院の信遍に灌頂(かんじょう)をうける。後大御室とよばれた。延宝6年2月29日死去。42歳。俗名は周敦(なりあつ)。幼称は豊宮。法名ははじめ承法。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android