コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性覚法親王 しょうかくほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

性覚法親王 しょうかくほうしんのう

1267-1297 鎌倉時代,亀山天皇の皇子。
文永4年生まれ。母は権大納言局(ごんのだいなごんのつぼね)。弘安(こうあん)10年天台宗園城寺(おんじょうじ)長吏となり,正応(しょうおう)4年,永仁(えいにん)2年にも長吏をつとめた。永仁5年9月26日死去。31歳。幼称は狛宮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

性覚法親王の関連キーワード徳政北条盛房永仁の徳政令浄土宗サイバー犯罪後宇多天皇称名寺棊山賢仙吉川経光恭翁運良