コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永仁の徳政令 えいにんのとくせいれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永仁の徳政令
えいにんのとくせいれい

鎌倉幕府が御家人の経済的救済のため,永仁5 (1297) 年3月に発布した土地無償取戻し令。このときの徳政令は現在3ヵ条が伝えられている。 (1) 越訴 (おっそ) を停止し,徳政令によって訴訟がふえるのを防止する。 (2) 以後,所領質入れ,売買を認めない。以前,売却した所領は売主が無償で取戻すことができる。ただし,幕府公認のもの,20年以上経過したものを除く。これも買い主が御家人の場合で,非御家人や凡下の場合は 20年以上経過していても売主が取戻すことができる。 (3) 金銭貸借についての訴訟は今後受付けない。しかし,これによって御家人はかえって金融の道を閉ざされることになったので,翌年所領の質入れ,売買は再び合法性を認められた。ただし,永仁5年徳政令以前における質券売買地の無償取戻しは引続き有効とされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えいにん‐の‐とくせいれい【永仁の徳政令】

永仁5年(1297)鎌倉幕府が出した徳政令。質入れ・売却した所領を御家人に無償返却させた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えいにんのとくせいれい【永仁の徳政令】

1297年(永仁5)に鎌倉幕府が発布した徳政令。売却・入質した御家人所領の無償返済、また、それに関する訴訟を受理しないことなどを内容とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永仁の徳政令
えいにんのとくせいれい

1297年(永仁5)3月鎌倉幕府が制定した御家人(ごけにん)所領取り戻しを中心とする法。御家人所領の売買、質入れを禁止し、すでに売却済み、質流れの所領については、買得安堵状(ばいとくあんどじょう)が下付されたものと買得後20か年を超過したものを除いて、本主に返還することを定めた。また、買主が非御家人、凡下(ぼんげ)である場合には、20か年以上を経過した所領についても売主による取り戻しを認めた。なお同時に「越訴(おっそ)」(再審制)の廃止と金銭貸借訴訟の不受理が規定され、3か条あわせて当時「徳政」とよばれた。翌年2月3か条はすべて撤回されたが、1297年以前の売却、質流れ地の取り戻しについては再確認された。[近藤成一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

永仁の徳政令の関連キーワード徳政一揆徳政文言北条宗方質流れ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永仁の徳政令の関連情報