コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永仁の徳政令 えいにんのとくせいれい

4件 の用語解説(永仁の徳政令の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永仁の徳政令
えいにんのとくせいれい

鎌倉幕府が御家人の経済的救済のため,永仁5 (1297) 年3月に発布した土地無償取戻し令。このときの徳政令は現在3ヵ条が伝えられている。 (1) 越訴 (おっそ) を停止し,徳政令によって訴訟がふえるのを防止する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えいにん‐の‐とくせいれい【永仁の徳政令】

永仁5年(1297)鎌倉幕府が出した徳政令質入れ・売却した所領を御家人に無償返却させた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えいにんのとくせいれい【永仁の徳政令】

1297年(永仁5)に鎌倉幕府が発布した徳政令。売却・入質した御家人所領の無償返済、また、それに関する訴訟を受理しないことなどを内容とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永仁の徳政令
えいにんのとくせいれい

1297年(永仁5)3月鎌倉幕府が制定した御家人(ごけにん)所領取り戻しを中心とする法。御家人所領の売買、質入れを禁止し、すでに売却済み、質流れの所領については、買得安堵状(ばいとくあんどじょう)が下付されたものと買得後20か年を超過したものを除いて、本主に返還することを定めた。また、買主が非御家人、凡下(ぼんげ)である場合には、20か年以上を経過した所領についても売主による取り戻しを認めた。なお同時に「越訴(おっそ)」(再審制)の廃止と金銭貸借訴訟の不受理が規定され、3か条あわせて当時「徳政」とよばれた。翌年2月3か条はすべて撤回されたが、1297年以前の売却、質流れ地の取り戻しについては再確認された。[近藤成一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永仁の徳政令の関連キーワード御家人鎮西奉行いざ鎌倉恩沢奉行御家人株御家人役武家役関東公事吉見義世国内的救済の原則

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone