コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恋しい コイシイ

デジタル大辞泉の解説

こいし・い〔こひしい〕【恋しい】

[形][文]こひ・し[シク]離れている人や場所、また事物などに強く心を引かれるさま。「―・い人」「こたつの―・い季節」
[派生]こいしがる[動ラ五]こいしげ[形動]こいしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こいしい【恋しい】

( 形 ) [文] シク こひ・し
〔動詞「恋ふ」の形容詞形〕
人・場所・物事に心を強くひきつけられ、なつかしく、したわしく思われる。 「故郷が-・い」 「別れた人が-・い」 「寒くなると火が-・い」 「老い衰へたる様を見たてまつらざらむこそ-・しからめ/竹取」
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

恋しいの関連キーワード誰に見しょとて紅鉄漿つきょうぞ掴み奉公・摑み奉公イヴァン リンス寝ても覚めても夜の衣を返す怪談牡丹灯籠千里も一里眉根掻く思い付く衣を返す慕わしい思ひ増す思ひの煙肌寂しい二人椀久明けの鐘夢の手枕掴み奉公茶子味梅物恋しい

恋しいの関連情報