懐かしい(読み)ナツカシイ

デジタル大辞泉の解説

なつかし・い【懐かしい】

[形][文]なつか・し[シク]《動詞「なつ(懐)く」の形容詞化》
心がひかれて離れがたい。
㋐魅力的である。すぐそばに身を置きたい。
「三蔵は少し葉蔭になっている他の(牡丹ノ)一輪を―・く見る」〈虚子俳諧師
「霞立つ長き春日をかざせれどいや―・しき梅の花かも」〈・八四六〉
㋑好感がもてて近付きになりたい。親しくしたい。
「目鼻立の好い男は、…、利いた風で―・くない」〈鴎外
かつて慣れ親しんだ人や事物を思い出して、昔にもどったようで楽しい。「30年振りに―・い顔ぶれがそろった」「遠い昔が―・く思い出される」
引き寄せたいほどかわいい。いとおしい。
「気配、姿、みめありさま、かうばしく―・しき事限りなし」〈宇治拾遺・六〉
衣服などがなじんで着ごこちがよい。
「―・しき程の直衣に」〈・夕霧〉
[派生]なつかしがる[動五]なつかしげ[形動]なつかしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なつかしい【懐かしい】

( 形 ) [文] シク なつか・し
〔動詞「懐く」の形容詞化〕
昔のことが思い出されて、心がひかれる。 「ふるさとが-・い」
久しぶりに見たり会ったりして、昔のことが思い出される状態だ。 「十何年ぶりに逢って、ほんとうに-・いなあ」
過去のことが思い出されて、いつまでも離れたくない。したわしい。 「佐保山をおほに見しかど今見れば山-・しも風吹くなゆめ/万葉集 1333
心がひかれて手放したくない。かわいらしい。 「あさましきにあきれたるさま、いと-・しうをかしげなり/源氏 花宴
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懐かしいの関連情報