恐羅漢山(読み)おそらかんざん

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県(広島県)〕恐羅漢山(おそらかんざん)


島根・広島県境に位置する冠山(かんむりやま)山地の最高峰。標高1346m。全体になだらかな山容で、東斜面では牛放牧が行われ、冬季にはスキー場も開設される。西中国(にしちゅうごく)山地国定公園に含まれる。「きょうらかんざん」とも読む。

〔島根県(広島県)〕恐羅漢山(きょうらかんざん)


恐羅漢山(おそらかんざん)

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恐羅漢山
おそらかんざん

広島県山県(やまがた)郡安芸太田(あきおおた)町と島根県益田(ますだ)市の境にある山。標高1346メートルで広島県内ではもっとも高い。中国脊梁(せきりょう)山脈の一部であるが、中国山地としては珍しく山頂は緩やかでない。北東斜面の標高900~1000メートル一帯は緩やかで、牛小屋高原とよばれ、大規模なスキー場がある。西中国山地国定公園の一部をなし、安芸太田町二軒小屋が登山口である。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おそらかん‐ざん【恐羅漢山】

広島県西端、島根県との境にある山。冬はスキー場、夏はキャンプ場としてにぎわう。標高一三四六メートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の恐羅漢山の言及

【戸河内[町]】より

…城跡西方にある古刹実際(じつさい)寺は大内義弘安堵状などを蔵する。恐羅漢(おそらかん)山(1346m),深入(しんにゆう)山(1153m)など高山が連なり,町域西半部は西中国山地国定公園に含まれ,三段峡(特名)などの景勝地がある。用材生産,シイタケ栽培が行われ,また県の電源地帯で発電所が多い。…

※「恐羅漢山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android