恐羅漢山(読み)おそらかんざん

日本大百科全書(ニッポニカ)「恐羅漢山」の解説

恐羅漢山
おそらかんざん

広島県県(やまがた)郡安芸太田(あきおおた)町と島根県益田(ますだ)市のにある山。標高1346メートルで広島県内ではもっとも高い。中国脊梁(せきりょう)山脈の一部であるが、中国山地としては珍しく山頂は緩やかでない。北東斜面の標高900~1000メートル一帯は緩やかで、牛小屋高原とよばれ、大規模なスキー場がある。西中国山地国定公園の一部をなし、安芸太田町二軒小屋が登山口である。

[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「恐羅漢山」の解説

おそらかん‐ざん【恐羅漢山】

広島県山県やまがた安芸太田あきおおた町と島根県益田ますだ市の境にある山。標高1346メートル。冠山かんむりやま山地の一峰で広島県の最高峰。県内有数の豪雪地帯で、中腹北東斜面にスキー場がある。西中国山地国定公園に属する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「恐羅漢山」の解説

恐羅漢山
おそらかんざん

広島県安芸太田町と島根県益田市の境にある冠山山地の最高峰。標高 1346m。中国山地特徴である山頂平坦面がない。西中国山地国定公園に属し,夏季キャンプ場冬季はスキー場が開かれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「恐羅漢山」の解説

おそらかん‐ざん【恐羅漢山】

広島県西端、島根県との境にある山。はスキー場、はキャンプ場としてにぎわう。標高一三四六メートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の恐羅漢山の言及

【戸河内[町]】より

…城跡西方にある古刹実際(じつさい)寺は大内義弘安堵状などを蔵する。恐羅漢(おそらかん)山(1346m),深入(しんにゆう)山(1153m)など高山が連なり,町域西半部は西中国山地国定公園に含まれ,三段峡(特名)などの景勝地がある。用材生産,シイタケ栽培が行われ,また県の電源地帯で発電所が多い。…

※「恐羅漢山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android