恒常仮定(読み)こうじょうかてい(英語表記)constancy hypothesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恒常仮定
こうじょうかてい
constancy hypothesis

ゲシュタルト心理学者 W.ケーラーの用語。特定の感覚器官に対して一定の刺激を与えれば,必ずそれに対応する一定の性質,強度の感覚が生じるとする仮定。彼によれば,ゲシュタルト心理学以前の要素心理学では,このような刺激とそれによって生じる効果 (感覚) との1対1の対応関係を暗黙のうちに前提としていることを指摘,それが誤りであることを,知覚恒常現象その他多くの例証実験によって示した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうじょうかてい【恒常仮定】

〘心〙 刺激と感覚とは必ず一対一で対応しているとする心理学上の仮定。精神現象を個々の感覚のよせ集めではないとするゲシュタルト心理学によって批判された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android