コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒常仮定 こうじょうかてい constancy hypothesis

2件 の用語解説(恒常仮定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恒常仮定
こうじょうかてい
constancy hypothesis

ゲシュタルト心理学者 W.ケーラーの用語。特定の感覚器官に対して一定の刺激を与えれば,必ずそれに対応する一定の性質,強度の感覚が生じるとする仮定。彼によれば,ゲシュタルト心理学以前の要素心理学では,このような刺激とそれによって生じる効果 (感覚) との1対1の対応関係を暗黙のうちに前提としていることを指摘,それが誤りであることを,知覚恒常現象その他多くの例証実験によって示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうじょうかてい【恒常仮定】

〘心〙 刺激と感覚とは必ず一対一で対応しているとする心理学上の仮定。精神現象を個々の感覚のよせ集めではないとするゲシュタルト心理学によって批判された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恒常仮定の関連キーワードウェルトハイマーゲシュタルト心理学コフカ佐久間鼎レビンゲシュタルト療法ゲシュタルト形態心理学相良守次《ゲシュタルト心理学原理》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone