コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒弘法親王 ごうこうほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒弘法親王 ごうこうほうしんのう

1431-1509 室町-戦国時代,直仁(なおひと)親王の王子。
永享3年生まれ。嘉吉(かきつ)3年(1443)京都の真言宗勧修(かじゅう)寺にはいり,のち長吏。宝徳元年(1449)親王宣下(せんげ)をうけ,後崇光院(ごすこういん)の養子となる。3年東大寺別当。永正(えいしょう)6年閏(うるう)8月8日死去。79歳。初名は恒興。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

恒弘法親王の関連キーワード戦国時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android