コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒遠精斎 つねとお せいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒遠精斎 つねとお-せいさい

1842-1895 明治時代の儒者。
天保(てんぽう)13年3月1日生まれ。恒遠醒窓(せいそう)の長男。肥後(熊本県)で月田蒙斎にまなぶ。元治(げんじ)元年父がひらいた私塾蔵春園をついだ。明治元年豊前(福岡県)小倉藩主小笠原忠忱(ただのぶ)の侍講をつとめ,晩年は京都西本願寺文学寮でおしえた。明治28年11月6日死去。54歳。名は仁。字(あざな)は子信。通称は敬吉郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

恒遠精斎の関連キーワード松島 善海明治時代儒者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android