コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒遠精斎 つねとお せいさい

1件 の用語解説(恒遠精斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒遠精斎 つねとお-せいさい

1842-1895 明治時代の儒者。
天保(てんぽう)13年3月1日生まれ。恒遠醒窓(せいそう)の長男。肥後(熊本県)で月田蒙斎にまなぶ。元治(げんじ)元年父がひらいた私塾蔵春園をついだ。明治元年豊前(福岡県)小倉藩主小笠原忠忱(ただのぶ)の侍講をつとめ,晩年は京都西本願寺文学寮でおしえた。明治28年11月6日死去。54歳。名は仁。字(あざな)は子信。通称は敬吉郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

恒遠精斎の関連キーワード深刻小説日清戦争科学史金弘集観念小説文芸倶楽部柳亭種彦アフガン戦争アヘン戦争広東十三行

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone