コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恩地富美 おんち とみ

2件 の用語解説(恩地富美の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恩地富美 おんち-とみ

1844-1903 幕末-明治時代の女性。
弘化(こうか)元年生まれ。長門(ながと)(山口県)下関の船宿の娘。文久3年天誅(てんちゅう)組の変に敗れ長門に逃亡してきた首領中山忠光の寵愛(ちょうあい)をうける。元治(げんじ)元年忠光が暗殺されたのち,慶応元年遺児仲子(のちの嵯峨(さが)公勝夫人)を出産した。明治36年死去。60歳。名は登美,トミともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

恩地富美

没年:明治36(1903)
生年:弘化1?(1844)
幕末明治期の女性。長州(山口県)下関赤間町の旅籠屋恩地与兵衛の娘。登美,トミとも。20歳のとき,天誅組の乱(1863)後,追討を逃れて下関にきた中山忠光(明治天皇の母中山慶子の弟で,強硬な尊皇攘夷論者)の妾妻となるが,忠光は数カ月後に暗殺された。そのときすでに富美は懐妊しており,その後遺児仲子を抱え転々とする。仲子は山口藩主毛利元徳に引き取られ,11歳まで養女として養育されたが,明治8(1875)年,富美と共に中山家に迎えられた。成長した仲子は嵯峨侯爵と結婚。富美も娘の婚家に移り,安穏に晩年を過ごした。清朝最後の皇帝で,満州国皇帝となった溥儀の弟溥傑と結婚した嵯峨浩は仲子の孫,富美の曾孫に当たる。<参考文献>愛新覚羅浩『流転の王妃』,中原雅夫『明治維新と女性』,西島量三郎『中山忠光暗殺始末』

(栗原弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恩地富美の関連キーワード赤間石赤間関阿弥陀寺赤間神宮下関馬関阿部ヤス有地品之允堀尾卓司

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone