恩納ナベ(読み)おんなナベ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恩納ナベ
おんなナベ

1726年頃在世の琉球の女流歌人,遊女。「うんななび」ともいう。沖縄本島中部,恩納の農家マッコー屋に生まれたという。愛人の姿を隠す山を押しのけたいとうたう恋歌,男女の夜の野遊び禁令に挑む歌など,迫力のある,明るい情熱的な琉歌を残した。よく『万葉集』の柿本人麻呂に比べられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android