マクシミリアン2世エマヌエル(読み)マクシミリアンにせいエマヌエル(英語表記)Maximilian II Emanuel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクシミリアン2世エマヌエル
マクシミリアンにせいエマヌエル
Maximilian II Emanuel

[生]1662.7.11. ミュンヘン
[没]1726.2.26. ミュンヘン
バイエルン選帝侯 (在位 1679~1726) 。カルル7世の父。神聖ローマ皇帝レオポルト1世と結び,1686~88年のトルコ戦争に功をあげた。 89~97年のファルツ戦争でも,フランス軍からラインの境界を防衛するなど戦功をあげ,91年スペイン領ネーデルラント総督に任命された。しかしこの地を領有しようとして,スペイン継承戦争ではフランスと結び,敗戦を重ねてネーデルラントをも失った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android