コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芦別岳 あしべつだけ

5件 の用語解説(芦別岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芦別岳
あしべつだけ

北海道中部,夕張山地の主峰。標高 1726m。芦別市,富良野市,夕張市の境界に位置し,山頂付近は夫婦岩をはじめ,鋭い形の岩峰が立並んで,壮年期のけわしい山容を呈する。中生代変成岩,蛇紋岩などから成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あしべつ‐だけ【芦別岳】

北海道にある夕張山地のほぼ中央に位置する山。標高1726メートルで、夕張山地の最高峰

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あしべつだけ【芦別岳】

北海道中央部を南北に走る夕張山地のほぼ中央に位置する山。標高1727m,夕張山地中の最高峰で,山頂は芦別市,富良野市,南富良野町を分けている。山体は主として輝緑岩からなり,山頂部にはわずかな平たん面を残しているが,山容は鋭く,壮年的浸食を受けて奇岩がそびえ立ち,高山植物も豊富である。西斜面には,1100~1300mの高度に幅2kmほどの比較的緩い斜面があり,北方の富良野西岳周辺まで10kmにわたって続き,南方へも延びている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕芦別岳(あしべつだけ)


北海道中央部、夕張(ゆうばり)山地の最高峰。標高1726m。石狩(いしかり)平野と富良野(ふらの)盆地を分ける。中生層の壮年期山地特有の急峻(きゅうしゅん)な山容で、山頂付近は岩峰が屹立(きつりつ)し、一年を通じて格好の登山対象となる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芦別岳
あしべつだけ

北海道中央部にある夕張(ゆうばり)山地の最高峰。標高1726メートル。富良野(ふらの)市、南富良野町、芦別市にまたがる。ジュラ系空知(そらち)層からなり、周辺の山地から抜き出て高く、壮年的解析を受けて急峻(きゅうしゅん)な山容をみせ、山頂付近は岩峰が屹立(きつりつ)して偉観を示している。富良野盆地南部からは断層崖(だんそうがい)の上に全容が望める。富良野芦別道立自然公園の一部で、JR根室本線山部(やまべ)駅から1日行程の登山道がある。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芦別岳の関連キーワード谷町筋富良野盆地松屋町筋夕張あみだ池筋上町筋なにわ筋四つ橋筋栗山[町]バルカン[山脈]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone