コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恭礼門院 きょうらいもんいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恭礼門院 きょうらいもんいん

1743-1796* 江戸時代中期,桃園天皇の女御。
寛保(かんぽう)3年2月4日生まれ。一条兼香(かねか)の娘。宝暦5年入内(じゅだい)し,英仁親王,貞行親王を生む。明和7年英仁親王が後桃園天皇として即位すると翌年皇太后となり,院号をうけ,出家して新女院,のち女院と称した。寛政7年11月30日死去。53歳。名は富子。幼名は佐保君。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

恭礼門院 (きょうらいもんいん)

生年月日:1743年2月4日
江戸時代中期;後期の女性。桃園天皇の女御
1795年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

恭礼門院の関連キーワード藤原富子新清和院生年月日桃園天皇慧琳尼寛保女御

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android