悟道軒円玉(初代)(読み)ごどうけん えんぎょく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

悟道軒円玉(初代) ごどうけん-えんぎょく

1866-1940 明治-昭和時代前期の講談師。
慶応2年11月16日生まれ。2代松林(しょうりん)伯円の門にはいり,円玉を襲名。のち悟道軒を名のり,おおくの講談を創作,また速記をまなんでほかの演者の講談をのこす。青年時代その家に下宿していた川口松太郎の師にあたる。昭和15年1月23日死去。75歳。江戸出身。本名は浪上義(儀)三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android