コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

患者の権利 かんじゃのけんり

1件 の用語解説(患者の権利の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

患者の権利【かんじゃのけんり】

自己決定権を中核とする患者(病者)固有の諸権利。従前から提唱されていた権利概念であるが,1990年アメリカで制定された〈患者自己決定権法〉や,1994年の世界保健機関WHOヨーロッパ地域事務所による〈ヨーロッパにおける患者の権利の促進に関する宣言〉,さらに1995年に世界医師会が採択した〈患者の権利に関する改正リスボン宣言〉(ただし日本医師会は棄権)などによって広く市民権を得た。
→関連項目HMO

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

患者の権利の関連キーワードラマルキズム内発的動機づけ生命倫理学外来患者減縮病者中核自己資本中核的自己資本病者用食品

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

患者の権利の関連情報