コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本医師会 にほんいしかい The Japan Assosiation of Medical Practitioners

6件 の用語解説(日本医師会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本医師会
にほんいしかい
The Japan Assosiation of Medical Practitioners

医師の利益擁護と医学の進歩,普及を目的とし,個人単位,任意加入を原則とする社団法人の全国組織。第2次世界大戦後,旧日本医師会は連合軍総司令部によって解体を命じられ,1947年アメリカ医師会 AMAにならって,現在の日本医師会が結成された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日本医師会

開業医や勤務医、研修医など全国の医師約16万6千人で構成する社団法人。医療や保健、福祉の各施策について検討し、提言する。会長の任期は2年で、約7万人の会員を擁する政治団体日本医師連盟」のトップも兼ねる。会長選では、各都道府県医師会の会員数に応じて人数が割り当てられている計357人の「代議員」が投票できる。

(2012-02-16 朝日新聞 朝刊 茨城 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にほん‐いしかい〔‐イシクワイ〕【日本医師会】

全国の都道府県医師会の会員によって構成される学術専門団体。医学教育の向上、関連科学との総合進歩、医師の生涯教育、医学・医療の国際交流、公衆衛生の指導啓発、地域医療の推進発展など幅広い事業を行う。また、医師を代表して国や官公庁に対して医療政策に関する諮問や提言を行う。大正5年(1916)設立。平成25年(2013)年から公益社団法人。日医。→日本医師連盟

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

日本医師会【にほんいしかい】

医師の全国組織。医師の身分確立をめぐる運動は明治初年から全国各地に見られ,1906年医師法の制定,1916年大日本医師会の結成を経て,1923年公法人としての日本医師会が成立した。
→関連項目患者の権利日本医療機能評価機構日本歯科医師会認定医承認制度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

にほんいしかい【日本医師会】

主に開業医を中心とする医師の全国組織。1947年(昭和22)発足。医学・医術の振興、医師の利益擁護などを目的とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本医師会
にほんいしかい

医療保健行政に大きな影響力をもつ医師の組織。その始まりは、1906年(明治39)に公布された旧医師法により医師会規則が定められ、それに基づいて23年(大正12)全国組織の日本医師会が発足した。しかし軍国主義下、42年(昭和17)公布の国民医療法により医師会は官制化され、第二次世界大戦敗戦後、占領軍によって解散を命ぜられた。現在の日本医師会は、48年(昭和23)社団法人として設立された組織である。定款には、目的として、医道の昂揚(こうよう)、医学の発達、普及と公衆衛生の向上を図るとあり、事業として、医道の振作昂揚、公衆衛生の啓発増進、医療の普及指導、医学の振興、医育の整備、医師の補習教育、医事衛生の調査研究、医業経営の改善、医療資材の改良、会員の相互扶助、医師会相互の連絡調整、病院の基準決定、実地修練病院の分類と決定などの項目をあげているが、厚生労働省(とくに旧厚生省)関係の多くの審議会、協議会に代表を送り込むことを通じて医療保健行政に大きな影響力を行使している。また4年に1回、日本医師会主催で、日本医学会を開催して、医学研究の総括をも行っている。会員数14万9319人で、全医師の60.1%の組織率(1998)である。1982年には会員の約70%は病院あるいは診療所の開設者であり、開業医が主体の組織であったが、98年にはその割合は約53%に低下している。
 日本医師会は、同じ会員をもって日本医師政治連盟を組織し、集めた政治資金をもってロビー活動を行っている。武見(たけみ)太郎の会長時代(1957~82)、とくに日本医師会の行政への影響力が目だった。[中川米造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日本医師会の言及

【医師会】より

…ドイツでは,69年に統一医師法が施行され,73年,ドイツ医師会はドイツ医師を公的に代表する機関となった。
[日本医師会]
 日本では,1887年組合法によって各地に医師会の結成がはかられるが,多分に上意下達的性格がつよかった。その後,漢方医団体の復権運動,公的病院との競合,医薬分業などで医師たちは結集し,1906年医師法を成立せしめ,統一組織としての大日本医師会が生まれた。…

※「日本医師会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本医師会の関連キーワードレジデント研修医町医者勤務医後期臨床研修研修医なな子医師不足問題医師の臨床研修制度県医師会チェコの医師

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本医師会の関連情報