コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悦山道宗 えっさん どうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

悦山道宗 えっさん-どうしゅう

1629-1709 明(みん)(中国)の僧。
崇禎2年8月22日生まれ。黄檗(おうばく)宗。明暦3年来日。木庵性瑫(もくあん-しょうとう),隠元隆琦(りゅうき)に師事。のち性瑫の法をつぎ,宝永2年山城(京都府)万福寺住持となる。能書家として知られた。宝永6年7月29日死去。81歳。福建省出身。語録に「悦山禅師語録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

悦山道宗 (えっさんどうしゅう)

生年月日:1629年8月22日
江戸時代前期;中期の黄檗宗の僧
1709年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

悦山道宗の関連キーワード生年月日乙艇元津悦峰道章黄檗悦山祖春元回黄檗宗中期

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android