コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高車 こうしゃ Gao-che; Kao-ch`ê

5件 の用語解説(高車の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高車
こうしゃ
Gao-che; Kao-ch`ê

4~5世紀,北アジアに遊牧したチュルク系民族。高輪の車を用いたのでこう呼ばれた。丁零 (ていれい) の後身で,「高車丁零」とも称された。初め柔然に服属していたが,485~486年頃その一部族である副伏羅部の族長阿伏至羅が柔然にそむき,高車諸部族を率いてアルタイ山脈の西方に独立国 (高車国) を建てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうしゃ〔カウシヤ〕【高車】

中国、南北朝時代トルコ系北方遊牧民族。485年ごろ、中国北西部ジュンガル盆地に建国、546年、突厥(とっけつ)に滅ぼされた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうしゃ【高車 Gāo chē】

古代トルコ系遊牧民。丁零の後裔の連合体で,正しくは高車丁零という。匈奴治下からしだいに南下し,3世紀の鮮卑分裂後モンゴリアに勢力をのばしたが政治的統一は弱く,5世紀初めにはほとんど柔然に服属した。その後5世紀末に西走してジュンガル盆地に独立政権を築き,トゥルファン盆地の農耕国高昌をあやつった。6世紀初めエフタルの東進によって崩壊したが,再び柔然に従った彼らの後裔が鉄勒諸部の一部分となった。【梅村 坦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうしゃ【高車】

四~五世紀頃、中国の北方にいたトルコ系の遊牧民。丁零ていれいの後身。アルタイ山脈以西に移住し485年頃ジュンガルに建国。546年突厥とつけつに滅ぼされた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高車
こうしゃ

中国、南北朝期に現れたトルコ系北方遊牧民族。その名は、彼らが高輪の車を使用したことに由来した中国の呼称である。漢代にはバイカル湖以北のアンガラエニセイ両川上流の間に住んでいた丁零(ていれい)族が、やがて一部は中原(ちゅうげん)に、一部は漠北(ばくほく)に南下移住し、オルホン川、トーラ川周辺の6種、セレンガ川からアルタイ山脈にかけての12族などが集落単位で分散居住していた。漠北の集落群は高車、勅勒(ちょくろく)とよばれ、5世紀初めには柔然(じゅうぜん)に服属していたが、北魏(ほくぎ)の遠征を受け、ふたたびかなりの集落が中国内地へ移住させられた。しかし漠北に残った集落群は5世紀末、阿伏至羅(あふくしら)に率いられ、アルタイ山脈以西へ移り、独立国家を樹立した。その国は南北に分かれて統治され、北は阿伏至羅が、南はその従弟の窮奇(きゅうき)が治め、さらにオアシス諸国家をも支配して、東では柔然と、西ではエフタルと対峙(たいじ)し、北魏とも通交した。しかし、エフタルの勢力伸張に伴い、その圧力を受けた。6世紀初めには柔然に破られ、国王は殺され、国民はエフタルに投降した。のちエフタルの援助で再興したが、ふたたび柔然に敗れ、ついに546年、突厥(とっけつ)に敗れ、併合された。唐代の薛延陀(せつえんだ)、回(かいこつ)は彼らの後裔(こうえい)とされている。[片桐 功]
『護雅夫訳注「高車伝」(『騎馬民族史』所収・平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高車の言及

【トルコ族】より

…すなわち,トルコ系諸民族が,その現住地に居住するにいたるまでには,〈移動〉〈征服〉を中心にくりひろげられた彼らの長い歴史があり,その意味では,トルコ民族史は,トルコ系諸民族の移動と征服活動の歴史であったともいえる(図)。
[丁零と高車]
 トルコ系諸民族がもともとどこに居住していたか,彼らの原住地がどこであったかという問題については,現在なお定説がない。原住地を,少なくともウラル山脈以東の草原地帯に求める説が有力ではあるが,ウラル以西にも古くからトルコ系諸民族の活動が見られたとする説もあって,なお一定しない。…

※「高車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高車の関連キーワード烏丸ウズベク族悦般康居丁零鉄勒遊牧民族ウイグル族オグズハムセ族

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高車の関連情報