悪女の深情け(読み)アクジョノフカナサケ

  • 悪女(あくじょ)の深情(ふかなさ)け

大辞林 第三版の解説

醜い女性はかえって情が深いということ。普通、ありがた迷惑だという意で使う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ことわざを知る辞典の解説

醜い女が、好きになった男に度を越した愛情をかけること。また、その愛情。

[使用例] 確かに関係がありました。いわゆる悪女深情けで、女の方はもう夢中になっていたんです[岡本綺堂*半七捕物帳|1923]

[解説] 「悪女」は、容貌の劣る女性。男性の視点からの表現で、暗に執念深くて迷惑だが、どうにもならないといったニュアンスで使われることが多いことばです。転じて、男女関係にかぎらず、一方的にほれこんで、どこまでも離そうとしないことのたとえに使われる場合もあります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android