コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半七捕物帳

百科事典マイペディアの解説

半七捕物帳【はんしちとりものちょう】

岡本綺堂の小説。68編,1917年―1936年作。江戸の目明(めあか)し半七を主人公とする推理小説江戸時代についての豊富な知識,学殖を生かした作品で,野村胡堂の《銭形平次捕物控》とともに捕物帳流行のもとになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はんしちとりものちょう【半七捕物帳】

岡本綺堂作。全68話。第1話(1917年1月《文芸俱楽部》)から第68話(1936年10月《講談俱楽部》)まで,断続的だが20年間にわたって執筆された。若い新聞記者が岡引あがりの半七老人から昔の捕物話を聴くというスタイルで,日清戦争後の東京の風景を通して,自然に旧江戸の世界がクローズアップされるようにくふうされている。なぞ解きのおもしろさは稀薄だが,巧妙な語り口によって鮮やかによみがえってくる江戸の人々の生活や市井の風景に最大の魅力がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

半七捕物帳
はんしちとりものちょう

岡本綺堂(きどう)の読み物小説。1917年(大正6)1月『文芸倶楽部(くらぶ)』に発表した『お文(ふみ)の魂(たましい)』に始まり、36年(昭和11)までの約20年間に各種雑誌に発表。総計68編。明治時代の東京に住む、もと岡引(おかっぴ)きの半七老人が、若い新聞記者に語って聞かせる形式をとり、旧幕時代の捕物話が、一話完結の形で展開する。物語の背景となる江戸の四季折々の風物や世態人情が、巧妙な説話体によって生き生きと描かれて、広く愛読された。ドイルの『ホームズ探偵談』の影響を受けて生まれたものだが、時代小説の一分野をなす「捕物帳」小説の元祖的な名作とされている。[武蔵野次郎]
『『半七捕物帳』全六冊(旺文社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の半七捕物帳の言及

【推理小説】より

…これに反して日本独自の特色を生かしたのが時代推理小説,すなわち〈捕物帳〉である。シリーズとしての発表形式は前述のとおり《シャーロック・ホームズ》に負うところが多いが,過去の時代の雰囲気,考証などの点では,このジャンルの創始者,岡本綺堂作の《半七捕物帳》(第1作は1917年1月《文芸俱楽部》に発表)が最初にして最高の模範例となっている。以後,野村胡堂(銭形平次),佐々木味津三(右門),横溝正史(人形佐七)など数多くの作家が試みたが,推理小説の枠内に収まりきらない作品も多くある。…

※「半七捕物帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

半七捕物帳の関連キーワード小金井 芦洲(5代目)小金井芦洲(5代)長谷川 一夫岡本 綺堂三沢あけみ野村 胡堂朝比奈潔子恋塚ゆうき鴨下 晁湖小島 三児半七(2)山城 新伍長谷川一夫武蔵野次郎修禅寺物語文芸倶楽部田中綾子軍司眞人佐藤祐四斎藤洋介

半七捕物帳の関連情報