コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惟宗光吉 これむねの みつよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟宗光吉 これむねの-みつよし

1274-1352 鎌倉-南北朝時代の官吏,歌人。
文永11年生まれ。典薬権助(てんやくのごんのすけ),右京権大夫(ごんのだいぶ)などを歴任。「続後拾遺(しょくごしゅうい)和歌集」の撰にかかわった。「続千載和歌集」などの勅撰集に歌が19首おさめられている。文和(ぶんな)元=正平(しょうへい)7年9月29日死去。79歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

惟宗光吉の関連キーワード正平文和アビニョン教皇庁トゥトアンクアメン後光厳天皇巨勢行忠近衛経忠四条隆資細川頼春浄土真宗

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone