コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛の妙薬

デジタル大辞泉プラスの解説

愛の妙薬

イタリアの作曲家ガエターノ・ドニゼッティイタリア語による全2幕のオペラ(1832)。原題《L'elisir d'amore》。19世紀イタリアを舞台とする、惚れ薬をめぐる喜歌劇。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛の妙薬
あいのみょうやく
L'Elisir d'amore

ドニゼッティのオペラ・ブッファ(喜歌劇)。2幕。フェリーチェ・ロマーニによる台本は、当時のオペラの例に漏れず、ほれ薬をめぐるたわいない筋書きだが、音楽にはブッファ特有の活気がみなぎり、とりわけネモリーノのロマンツェ「人知れぬ涙」は旋律の豊かさで群を抜いている。1832年ミラノ初演。日本では大正時代から抄演されていたが、1959年(昭和34)NHK招聘(しょうへい)イタリア歌劇団によって本格的に上演された。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

愛の妙薬の関連情報