愛の妙薬

デジタル大辞泉の解説

あいのみょうやく〔アイのメウヤク〕【愛の妙薬】

《原題、〈イタリア〉L'elisir d'amoreドニゼッティのイタリア語によるオペラ。全2幕。1832年初演。不器用な村の青年がいかさまの薬売りから手に入れたの惚れ薬によって美しい富農の娘と結ばれる喜歌劇。第2幕で主人公の青年が歌うアリア「人知れぬ涙」が有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛の妙薬
あいのみょうやく
L'Elisir d'amore

ドニゼッティのオペラ・ブッファ(喜歌劇)。2幕。フェリーチェ・ロマーニによる台本は、当時のオペラの例に漏れず、ほれ薬をめぐるたわいない筋書きだが、音楽にはブッファ特有の活気がみなぎり、とりわけネモリーノのロマンツェ「人知れぬ涙」は旋律の豊かさで群を抜いている。1832年ミラノ初演。日本では大正時代から抄演されていたが、1959年(昭和34)NHK招聘(しょうへい)イタリア歌劇団によって本格的に上演された。[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛の妙薬の関連情報