コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛護の若 アイゴノワカ

デジタル大辞泉の解説

あいごのわか【愛護の若】

説経節の曲名。また、その主人公。万治4年(1661)以前に成立。長谷観音(はせかんのん)の申し子愛護の若は、継母により盗人汚名を着せられ自殺するが、のち、山王権現としてまつられる。この題材は浄瑠璃歌舞伎などの一系統として発展した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいごのわか【愛護の若】

説経節や古浄瑠璃の曲名。また、その主人公の名。長谷はせ観音の申し子として生まれた愛護の若は、継母の恋慕を拒んだために盗人に仕立てられ、滝に投身自殺するが、のち、山王権現にまつられる。歌舞伎にも脚色。五説経の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

愛護の若の関連キーワード玉手御前古浄瑠璃五説経説経節投身恋慕脚色

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android