コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感生伝説 かんせいでんせつ

1件 の用語解説(感生伝説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

感生伝説
かんせいでんせつ

性交によらない懐妊,分娩を説く説話。懐妊の原因としてあげられるものを類別すると,岩や木に触れる,日光などに照らされる,日,月,星,稲妻などが体中に入るのを夢みる,卵などを飲む,足跡を踏む,などがおもなもので,世界各国に広く伝承されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

感生伝説の関連キーワード思いも寄らない懐妊機に因りて法を説く痴人の前に夢を説く痴人夢を説くペッティング見掛けに依らない誘発分娩見掛けによらない腟痙攣

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone