コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈蔵 じぞうChajang

1件 の用語解説(慈蔵の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じぞう【慈蔵 Chajang】

朝鮮,新羅の僧。生没年不詳。新羅における律宗の創始者。王族の生れであるが任官を拒否して出家し,636年王命によって入唐した。643年の帰国後は,大国統に任命されて僧尼の統制にあたり,通度寺を創建して戒壇を設けるなど,戒律の定着につとめた。また,外敵撃退を願って皇竜寺址の九層塔の建立を建議したり,中国の衣冠制の導入に功があったとも伝えられており,国家仏教を代表する僧侶であった。【木村 誠】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の慈蔵の言及

【通度寺】より

海印寺松広寺とともに韓国三大寺刹の一つ。新羅の善徳女王(在位632‐646)のころ,入唐した慈蔵律師が請来した舎利を奉安して舎利塔を建て,金剛戒壇を設けて創始された。また《三国遺事》によれば,慈蔵が請来した《大蔵経》1部400箱を納めたという。…

※「慈蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone