コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇竜寺址 こうりゅうじしHwangryong-sa-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇竜寺址
こうりゅうじし
Hwangryong-sa-ji

韓国,慶尚北道慶州市九黄洞にある古新羅時代の寺址。真興王 14 (553) 年に発願され,完成まで 80年以上を費やした新羅第1の国刹で,皇竜寺式と呼ばれる三金堂を一面に並べた四天王寺式伽藍様式。塔や金堂の礎石,仏座石などが現存する。本尊の丈六釈迦三尊像』は同 35年に鋳造されたが,金堂は真平王5 (583) 年,九層塔は善徳女王5 (636) 年に完成。『釈迦三尊像』と木造九層塔は,真興王の聖帯とともに新羅の三宝として尊ばれたが,高麗の高宗 25 (1238) 年モンゴル軍の兵火にあい,塔心礎の舎利具を除き焼失した。 1976年から数次の発掘調査によって,創建当時は一塔一金堂式であったが,統一新羅時代に三金堂を配した一塔三金堂式に変ったことが明らかになった。同時代に高句麗系の様式が取入れられた珍しい例として注目されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうりゅうじし【皇竜寺址 Hwangryong sa‐ji】

韓国,慶尚北道慶州市九黄洞にある新羅最大の寺院遺跡。真興王14年(553)に造立が始まり,善徳王13年(644)に完成した。国家の尊崇が厚く,金堂丈六仏と九層木塔は,真平王の玉帯とともに新羅三宝に数えられた。高麗朝にも隆盛を維持したが,1238年に蒙古軍の兵火によって焼失し,再建されることなく今日に至っている。1976年以来の数次にわたる大規模な発掘調査によって創建伽藍は一塔一金堂式(四天王寺式)で,統一新羅時代に3金堂を並置した一塔三金堂式伽藍に変わったことが明らかになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

皇竜寺址の関連キーワード慈蔵

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android