コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慣性流 かんせいりゅう inertia flow

2件 の用語解説(慣性流の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

慣性流

(1) バグノルドの粒子流(grain flow)[Bagnold : 1965][Sanders : 1965].(2) 粒子流とスラリー流(slurry flow)を合わせたもの[Carter : 1975].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慣性流
かんせいりゅう
inertia current

大気や海水の水平運動の一種で、これらの流体に外力や摩擦力が作用せず、コリオリの力(地球の自転に伴う転向力)のみが働く際にみられる流れ。慣性振動とよばれる場合もある。回転方向は北半球では時計回り南半球では反時計回りである。その周期は、Ωを地球の自転角速度を緯度として、

となり、フーコー振子が1回転する周期である1振子日の半分にあたる。
 慣性流は外力が作用しない状況のもとで海面から深層のいずれの深さにも持続する運動であるが、その発端は風の応力などの外力である。[長坂昂一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慣性流の関連キーワードマグノンノルネンカード粒子機械分析粒子流粘土粒子シルト頁岩食作用係数バグノルド数ヒッグスの定理

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

慣性流の関連情報