コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慣性流 かんせいりゅうinertia flow

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慣性流
かんせいりゅう
inertia current

大気や海水の水平運動の一種で、これらの流体に外力や摩擦力が作用せず、コリオリの力(地球の自転に伴う転向力)のみが働く際にみられる流れ。慣性振動とよばれる場合もある。回転方向は北半球では時計回り、南半球では反時計回りである。その周期は、Ωを地球の自転角速度、を緯度として、

となり、フーコー振子が1回転する周期である1振子日の半分にあたる。
 慣性流は外力が作用しない状況のもとで海面から深層のいずれの深さにも持続する運動であるが、その発端は風の応力などの外力である。[長坂昂一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android