コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慰霊供養 イレイクヨウ

とっさの日本語便利帳の解説

慰霊供養

本来の仏教の考え方からすれば、死者は死後四九日目に輪廻(りんね)転生し、別の生き物になる。あるいは浄土仏教の考え方では、死の瞬間に浄土(仏国土、極楽世界)に生まれる。ところが日本の仏教はこのような考え方を無視して、日本民族の伝統的な考え方(それを神道の考え方ということもできる)に従っている。その伝統思想では、死んだ人の霊は怨念を持っており、この怨霊を鎮めるために慰霊供養をせねばならないとされる。その慰霊供養が初七日、五七日(ごしちにち)、四十九日、百箇日、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌の法要である。この三十三回忌までの法要は仏式で営み、三十三回忌が終わった霊は和御魂(にぎみたま)になったから、それを「カミ」と呼んで神社で祀る。昔はこのように仏教と神道が一体になって、慰霊供養を営んでいた。ところが、明治になってから神道と仏教が分離したため、仏式の慰霊供養のほかに神式の慰霊供養が行われるようになった。神式の場合は、翌日祭、十日祭、三十日祭、五十日祭、百日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭を行う。なお、こうした慰霊供養は、基本的には近親者だけで営むものである。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

慰霊供養の関連キーワード山田浅右衛門

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慰霊供養の関連情報