コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶元条法事類 けいげんじょうほうじるい Qingyuan tiao-fa shi-lei

2件 の用語解説(慶元条法事類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慶元条法事類
けいげんじょうほうじるい
Qingyuan tiao-fa shi-lei

中国,南宋の法典。 80巻。宋代には「勅令格式」という法典の形態がつくられた。勅は刑法,令は未然に禁じる法,格は賞格など,式は書式。慶元条法事類は,当時行われていた勅令格式の条文を,部類門別に編成替えしたものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けいげんじょうほうじるい【慶元条法事類 Qìng yuán tiáo fǎ shì lèi】

中国,宋代の法典。南宋の慶元勅令格式(かくしき)が1198年(慶元4)にでき,この項目に沿って関係法令を集めて編集し,一目で通覧できる実用的法令集としたもので,1202年(嘉泰2),浙江台州出身の宰相,謝深甫らが編纂,作成した。《嘉泰条法事類》ともいう。戸婚(ここん)など一部欠けているが,宋代の勅・令・格・式の法典が全部滅んでいる今日では,制度や法制を知る貴重な文献である。かつて天下の孤本といわれ,日本の静嘉堂に鈔本がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

慶元条法事類の関連キーワード拙庵徳光李嵩三代格式律令格式翻訳名義集中国・宋代の禅の公案集会典勅令格式(中国)勅令格式(日本)部族法典付加勅令

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone