慶光院守悦尼(読み)けいこういん しゅえつに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶光院守悦尼 けいこういん-しゅえつに

?-1509 室町-戦国時代の尼僧。
臨済(りんざい)宗。跡がたえていた伊勢(いせ)(三重県)慶光院にはいり,中興の初代院主となる。伊勢神宮の復興をこころざして各地を勧進(かんじん),永正(えいしょう)2年五十鈴川の宇治大橋を再建した。永正6年7月18日死去。通称は守悦上人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android