京都七口関(読み)きょうとななくちのせき

世界大百科事典 第2版の解説

きょうとななくちのせき【京都七口関】

中世に諸国より京都に入る7街道の入口に設置された関所。鎌倉時代以降荘園の発達国家財政の窮乏化とにより,社寺造営・修理や,交通施設の建設・修理などのために利用者から一定の使用料を徴収するようになった。この通行税の徴収所が中世一般にみられる所である。このような経済的関所はしだいに増加し,幕府の抑止策がとられたにもかかわらず,南北朝の動乱以来京都を中心にその数は激増した。禁裏(御所)では年貢・公事の代替財源として,京都の入口に禁裏率分(そつぶん)関を設立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android